10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

アメリカPSUショートプログラム&Miyuが行くクレイジーな旅~ヨーロッパ・ブラジル編~

2017年09月10日
投稿者:花井美咲

みなさんこんにちは~!
最近はすっかり涼しくなって、あの蒸し暑かった夏が終わったな~と嬉しいような、さみしいような。。。
でもやっぱり私は嬉しいですね!秋は食べ物もおいしいし^^(結局は食!という感じですが)
はい!先週に引き続き花井美咲がお伝えしています♪
今回は、①アメリカはポートランドでのショートプログラムに参加している多田くんの様子と、
先週に引き続き②Miyuの旅~ヨーロッパ・ブラジル編~の2本立てでお送りします!

内容がたくさんで長文になってしまいますが、最後までお付き合いください♪

①アメリカPSUショートプログラム
-----------------
“Hello everyone! Did you have a nice summer?”
 こんにちは、国際関係学科2年の多田隼人です。挨拶文が英語なので何となく察しがついたかもしれませんが、
僕は今、アメリカのポートランド州立大学(以下PSU)でのショートプログラムに参加しています。
 プログラムの内容は約3週間のホームステイとPSUでの授業を通してアメリカ文化を学ぶというものです。
授業は午前に英会話クラス(レベルは県大の方が高いと感じました)、午後にフィールドワークを中心にポートランドの文化やホスピタリティを学ぶクラスがあります。もちろん授業はAll English ですが、他大学からも参加者がいてクラスは先生以外日本人なので初海外や、現地で英語を試したい人にはおすすめです!
 通学はホストファミリーの家からMAX という路面電車を使っています。最寄り駅から大学前までたった
の30分なので普段通学に2時間かかる僕にとってはほんと羨ましいです…

2017091001.jpg
 ホストファミリーは映画が好きで暇があれば一緒に映画を観て過ごしています。分からない単語があったらその都度辞書で調べたり、ホストファミリーに聞いたりしてちょっとずつ単語も習得中です。ご飯も毎日おいしくて、あと1週間で日本に帰らないといけないと思うと残念です(ToT)
ホストファミリーといる間は常に英語しか使えないのでとてもいい刺激になっています。しかし聞き取れても単語が浮かばず言い返せない、発音が違っているせいで伝わらないことも多々あります…「ボキャブラリーを増やす、発音を完璧にする、常に英語で考えなさい!」という国際関係学科のある先生の言葉がようやく理解できました。

2017091003.jpg
 プログラム内容とは別でフリータイムに個人的にチャレンジしていることもあります。それは「ポートランドのコーヒーショップ巡り」です。僕はカフェでアルバイトしているのでコーヒーには興味があり、ポートランドは特にコーヒー文化が盛んなことから、出来るだけ多くのコーヒーショップを訪れて比較したり、店員さんにインタビューしたりしています。すでに10件以上のコーヒーショップに行きました!
2017091002.jpg
(少し見にくいですが赤色のチェックはすでに行ったコーヒーショップです)
 日本に帰ったら1冊の雑誌みたいにまとめるつもりです。大学に提出したら特別に単位もらえませんかね…?(笑)機会があれば改めて詳しくブログに書きたいと思います。

 ポートランドはみんなフレンドリー、緑が多い、交通の便がいい…良いところを挙げ出したらきりがないくらい素敵な街です。全米で住みたい街ランキング1位の理由がわかった気がします!ちなみに県大がある長久手市は日本で2番目に住みやすい街らしいです。
 それでは最後に…『僕のanother sky は、ポートランドです!!!』(…あの番組は今でもやっているのかな??)大学生の皆さんは引き続きよい夏休みを!
“Have a nice day!!”
2017091004.jpg
-----------------
以上、多田くんのレポートでした!
ポートランドが素敵な街だということが伝わってきますね。another skyは今でもやっているので、いつか多田君が出演したらポートランドの魅力を語ってくれるでしょう!^^英会話レッスンにコーヒーショップ巡りと色々なことにチャレンジしていて楽しそうです!私もコーヒー好きなので、コーヒーショップのブログ期待しています!
ありがとうございました♪残り1週間、楽しんでください!

②Miyuが行くクレイジーな旅~ヨーロッパ・ブラジル編~
-----------------
ヨーロッパ編は、フランスはニース近くの城下町からスタート!
これはエゾ(「鷲の巣」という意味)と呼ばれています。
下からは見られない構造になっているため、このような呼び名が付いたそうです。
2017091010.jpg
①モナコ(←カジノの国と呼ばれる)
 ニースからは、行き帰りの時間と観光の時間を含めて4時間ほどでした。
 カジノはギラギラしていて、自分は経済的にちっぽけだなと感じました。
②ニースの夕日
 この時期のヨーロッパは日照時間が長い!(20時頃が日の入り)なので、夜遅くまで遊べます♪
2017091011.jpg
③マルセイユ
 宮廷料理人が料理を振る舞うレストランで食事。
 地元のフルーツのみを使用したフルーツジュースバーなどに立ち寄りました。
 最高に美味しくて幸せでした♥
2017091005.jpg
④パリ(この旅で最高のレストランに出会いました♪)
 日本の超有名フレンチ料理店でもマネージャーをしていた店主さんが、すごく気さくに彼自身の経験と日本が素晴らしいっていう  話しをしてくれました。シャンパンも最後にサービスしてくれたの!
 この後も人気なディナー店に行ったら、ショットやウィスキーをサービスしてくれたりと、パリの大振る舞いを見ました\(^o^)/
⑤ルーブル美術館
 中世や紀元前の作品モナリザとかも見られて、少し芸術に詳しい友人だったので説明を聞きながら楽しみました!
 古典美術は作品の詳細にまで意味があるので、知れば知るほどおもしろい!
⑥セーヌ川に掛かる橋を渡りました♪
⑦モンマルトル
 パリの街を一望できる観光スポット
 サクレクールっていうカテドラル(キリスト教の建物)があるんだけど、入場も無料でそこを出ると路上ライブが盛り上がってました\ (^o^)/
⑧スクワット(近代芸術家がアトリエを持つ建物)
 直接芸術家と喋ったり、アーティストが「名前何?」"I make a special song for you"って即興で歌ってくれたりと最高の体験でし   た!パリに来たら、マスト ヴィジット ”スクワット”です!
2017091012.jpg
----------
続いてブラジル編です♪

ボンジーア!ブラジル到着~!
1日目は、愛知県立大学も提携を組む南米トップのサンパウロ大学へ留学する友人を訪ねて念願のブラジルへ遊びに来ました!
街の様子:売店が路上に複数存在していて、治安が悪いと言われているブラジルですが特に昼は安全で、可愛いアクセサリーやお土産を売る露店で賑わっています。
2017091013.jpg
↑こちらはサンパウロで特に栄えている「パウリスタ通り」ヤシの木とビルがそれぞれ一緒に共生してる姿が印象的でした。
夕飯にはミナス・ジェライス州の郷土料理をいただきました^^

2日目は移動し、3日目、
赤道に近いサンルイスのレンソイスという国立公園へ行きました!
レンソイスとは、地球が創り出した『神秘の大砂丘』とも呼ばれており、ウユニ塩湖やエンジェル・フォールなどの南米にある絶景の一つです。雨期に降る雨が真っ白な砂丘のくぼみに溜まり、エメラルドに輝く湖が現れる現象です☆
「レンソイス」はポルトガル語で「シーツ」の意味。洗いたての真っ白いシーツのような砂丘が広がっています♪
2017091008.jpg
ここにたどり着くまでの道のりが、まるでディズニーのリアル版みたいでした!(ジャングルクルーズみたい!)
ボートで川を渡り、
2017091009.jpg
ガタガタな道をこの自分の安全は自分で守れ!というような窓もドアも無いトラックで行きました。
2017091015.jpg
レンソイスの絶景は、この壮絶な行き帰りの道のりを忘れさせる程、感動的でした!(驚)

帰りはツアーで出会った親子とブラジル料理を食べて一緒にタクシーで帰りました。
途中でブラジルの中でも本場のアサイを食べて、とにかくブラジル満喫しました!
ランダムに出会った先の人と予定変更しながらでも一緒に行動すると思ってもみなかった経験ができて最高です!!
-----------------
以上Miyuさんのレポートでした。たくさんの経験をしていますね!
本当に楽しそう!!私もレンソイス見に行きたいです(羨)
今回2週に渡り、旅の様子を伝えてくれました。ありがとうございます♪
これから1年間のイギリス留学の様子も、機会があればお伝えしてもらいましょう!^^

最後まで読んでいただきありがとうございました♪
海外 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示