10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2016年度卒業式

2017年03月26日

投稿者:(教員)亀井伸孝/(卒業生)紀和季節、末松憲人、平野由加里

※この記事は、卒業生を送り出す側の教員による「第1部」と、卒業生たちによる「第2部」から構成されています。
====================
■第1部(卒業生を送り出す教員から)

国際関係学科の教員のかめいです。

2017年3月20日(月)、春分のよき日に、愛知県立大学の卒業式が行われました。

講堂前にて
2017032601


国際関係学科としては、5度目の卒業の春を迎えました。今年は46人の学科生たちを送り出しました。

おごそかながらも華やいだ雰囲気のなか、卒業式の式典が行われます。
2017032602


学長のことばに続き、来賓の大村秀章愛知県知事のことば。
2017032603


大村知事は、1月にトランプ新大統領の就任式に参加した時の経験談をまじえつつ、まさかの米国歴代政権批判を開始! 会場からは、驚きの笑いが起こりました。厳粛なはずの式典ですが、列席者の爆笑が起きた卒業式というのを、私は初めて見ました(なかなかの話芸です)。

卒業式では、本学科に関係する3人の学生たちが、表彰されました。

国際関係学科の卒業生のうち、「成績優秀者」として、木戸志緒子さん。国際関係学科の卒業生のうち、「優秀卒業論文」として、「インドネシア人技能実習生の帰国後の現状からみる技能実習制度」を執筆した木元茜さん。課外・社会活動において優れた成果を修めた学生の「特別表彰」として、ベラルーシ共和国教育省主催「ロシア語オリンピック」第5部で優勝した猪狩春樹さん。

表彰された人たちの名前が呼ばれ、ひとりずつ起立していきます。
2017032604


各学科・専攻から選ばれた「優秀卒業論文」は、パネルとして卒業式会場のフロアに展示されます。
2017032605


式の後は、学科ごとの会場に分かれて「卒業証書伝達式」が行われます。いつも通い慣れた教室ですが、今日は華やいだ雰囲気に包まれました。
2017032606


草野昭一学科主任代理から、ひとりずつ卒業証書が手渡されます。
2017032607


学長、副学長、学部長とともに、学科全員で記念撮影。
2017032608


晴れた昼下がり、キャンパスのあちこちで、ゼミや友人どうしでの撮影が続きます。卒業して社会人になった人たちも、友人たちの卒業のお祝いに駆けつけてくれました。1年ぶりのキャンパス再訪に、びっくりです。昼の部は、とりあえず終わりです。
2017032609


夕方、栄近くのパーティ会場を借り切って、卒業生主催「国際関係学科謝恩会」が開かれました。ご招待、ありがとうございます。
2017032610


卒業生たちが、昼とはまた違った装いで集合。1年間海外留学したために今年は卒業しない在学生たちも、多数お祝いにかけつけました。

草野昭一主任代理の乾杯の音頭で始まります。
2017032611


教員がひとりずつ壇上に上がり、卒業生からのことばと、花束贈呈。そして、「ひとり3分以内厳守」で、教員によるはなむけのスピーチ。
2017032612


東弘子教員とエドガー・ポープ教員。ギターとハーモニカで、「カントリー・ロード」を熱唱!
2017032613


今月末で退職の鵜殿悦子(えりか)教員のあいさつ。鵜殿教員にとっても、今日が卒業式です。
2017032614


司会進行の学生のみなさん、おつかれさまです!
2017032615


今日は、本当に何回も写真を撮りましたね。最後にみんなでもういちど記念撮影。
2017032616


この学生ブログ広報のチームを創設し、また、それを引き継いできたみなさんと。
(注:今年はまだ卒業しないブログメンバーも含まれています)
2017032617


今回卒業するブログ委員のみ、お名前を紹介しますね。
後列:左から2人目:河島健太、以下右へ順に:吉岡優希/紀和季節/日比野裕太/末松憲人
前列:左から3人目:木戸志緒子/4人目:平野由加里
以上のみなさん。学科広報への尽力どうもありがとう。

この春で、この学科を卒業した通算の人数は、193人になりました。

みなさんの進路も、いろいろです。中部を中心に、関西や関東、北海道へと着任する予定の人もいました。全国にその人脈が広がりつつあります。ぜひ、地域ごとの同窓会、作ってください。

今年初めてのケースと言えば、今春、本学の職員になる卒業生が現れました。4月からは、同僚として同じ職場を支えることになります。どうぞよろしくお願いします。

また、やはり今年初めてのケースとして、JICA(国際協力機構)のボランティアとして、ブラジルに派遣される卒業生がいます。どの進路もそれぞれ尊く価値がありますが、国際協力の現場にスタッフを送り出せるというのは、本学科の使命として喜ばしいことです。

その他、メーカー、商社、金融、大学院進学など。進路の選択肢が、年を経るごとに広がっています。

どの道に進んだとしても。本学で養った国際感覚と多言語の語学力。これらをフルに活用して、「ふつうであること」で満ち足りるのではなく、「他の人と少し違っていること」で周囲を楽しませるような、ユニークな生き方をしていって欲しいなあと望みます。

卒業生たちは、文字通り私たち国際関係学科の財産です。この人脈の蓄積が、学科の魅力をいっそう光輝くものとしてくれることでしょう。時どきこのブログを訪れて、私たちの学科を学外から温かく見守ってもらえれば。ますますパワーアップしていく国際関係学科を、社会人としてぜひ見ていてほしいと思います。

そして、もしよければ、卒業後の活躍の報告記事など、ぜひこのブログにお寄せください。

みなさんお元気で。また会う日まで。
2017032618


(第1部、おわり)
====================
■第2部(卒業する学生から)

みなさんこんにちは、卒業生の紀和です。
今回は最後のブログ投稿ということで、末松くんと平野さんと一緒に、卒業の思いを執筆させていただきます!

まずは末松くんと平野さんから紹介しますね。

………………………………………………

みなさんこんにちわ!
単位不足疑惑で卒業が危ぶまれていた末松です!
なんとなんと3/20の卒業式をもって、無事に卒業することができました。いやもう本当にありがとうございます。ありがとうございます。

そんな晴れ晴れとした気分で迎えることができた卒業式ですが、はい、大変よかったです。一緒に卒業する仲間とその感慨深さを話したり、わざわざ駆けつけてくれた今年は卒業しない仲間達からアルバムをもらったりと、大学での最後の思い出にふさわしい式典となりました。

そして、その後の謝恩会、実はぼくが幹事を務めまして。そんな大役自分には無理だと戦々恐々としながら、準備を進めていたものです。「お世話になった先生方に感謝を」、「最後にみんなで集まる機会を素敵なものにしたい」その一心でがんばらせてもらいました。結果として、他の幹事会の仲間の協力もあり、素敵な会にできたんじゃないでしょうか!学生達が晴れ姿で一緒に写真を撮っていたり、思い出話に花を咲かせたり、先生方のスピーチの時間には会場がドッとわくようなおもしろい話が炸裂したりと、終始笑顔の絶えない会であったと思います。とても楽しかったです。

入学当初から思っていたことですが、今回の卒業式・謝恩会を通して改めて思いました。自分をこの大学のこの学科に入ることができて本当によかった、と。この大学で身につけた技能や知識、そして築き上げてきた仲間達との縁をこれからも大切にしていこうと思います。

それではみなさんお元気で。

……………………………………………..

こんにちは!平野です。
この度4年間の大学生活を終え、無事に卒業することができました!
私はこの4年間で本当にさまざまな経験をしました。
ブログ委員としての学科の広報活動、スペインの短期留学、1年間の日本語教育実習、資格試験の勉強、就活、卒論...
大学では好きな授業が取れたり、自分のやりたいことに挑戦できるぶん、スケジュールなどを自己責任で管理しなければなくなりました。1,2年のスケジュール帳を見返すと課題のことばかりです(笑)
それに加えてバイトも初めたので毎日大忙しでしたね...
平日は授業と課題とバイト、土日もきっちりバイトと、遊ぶ暇もなくがむしゃらに毎日ギリギリの生活をしていたのを覚えています(夢のない話をしてごめんなさい笑 適度に手を抜けない私の要領が悪さが原因です)。

でも、それでも大学が楽しいと思えたのは、毎日往復3時間以上かけて通いたいと思えたのは、自分の興味のあることについての学びが毎日あったことと、いつも一緒にいた友人たちのおかげです。
この卒業式でそんな友人たちからステキなアルバムとメッセージをもらって、大学の卒業式なのに泣きっぱなしの1日でした(笑)
歳のせいか涙もろい今日この頃です...。
大学で出会った友人は多分これからもずっと仲良くしていくんだろうなあと思っています!

私をすごく成長させてくれた大学、大学生活を豊かにしてくれた友人たち、ブログ委員やゼミでお世話になりっぱなしだった亀井先生、いつも支えてくれた両親... この4年間私と関わった全ての方々に感謝しています。

本当にありがとうございました!
これからもこの国際関係学科学生ブログをよろしくお願いします&応援しています!

……………………………………………

2人とも素敵な学生生活を、送れたようですね!
私も2人と同じで、充実した四年間を過ごすことができました。
あっという間のようで、内容の濃い学生生活だったなあと思います。
サークル、自主企画研究、留学、そしてもちろんブログ委員としての活動です。
今思い返せば派手なことを色々やってきて、学科で有名になったり、SNSでもそこそこ有名になったりと高校生の頃は全く想像していなかった大学生ライフを送っていました(笑)

一番この大学に入ってよかったと思うのは、かけがえのない素敵な友人たちに出会えたことです。
尊敬できて頼りになる人たちばかりで、平野さんも言っていましたが、間違いなくこれから先も関係が続いて行くと確信できる絆を築き上げることができました。
友達との思い出を胸に社会人として新たな一歩を踏み出したいと思います。

長くなりましたが、これからもブログを陰ながら応援したいと思います。
特にキリ番は積極的に狙っていくつもりです!(笑)
ブログがこの先もずっと受け継がれていくことを祈るとともに、その歴史に私たちが関われたことをたいへん嬉しく思っています。
また、国際関係学科がますます賑やかになり、魅力的な学科になることを祈っております。

四年間本当にお世話になりました!

……………………………………………

以下は謝恩会で亀井先生が披露したPPAPと、東先生とポープ先生が共同で歌ってくれたカントリーロードです。
亀井先生の衝撃のPPAPは面白さ抜群ですし、東先生とポープ先生の歌唱力と込められた気持ちにとても感動します。
以下にリンクを貼ったので、是非是非見てください!

亀井先生のPPAPはこちら
https://youtu.be/9ciPPYXwSmo

東先生とポープ先生のカントリーロードはこちら
https://youtu.be/jLH8QLqEcD8


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

(第2部、おわり)
====================

編集:荻原理夏子
行事 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示