08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2015年度卒業論文タイトル一覧発表!!

2015年06月28日
投稿者:橋本果織、神田萌々子


こんにちは!
1年の橋本果織と2年の神田萌々子です。
梅雨に入り、最近雨が多くなってきましたがみなさん体調など崩してはいませんか?
今回のテーマは卒論です!
まだまだ卒論を書くのは先のことだと思っているそこのあなた!
ぜひ自分の将来のことを考えながら読んでみてください!
国際関係学科2014年度卒業論文タイトル一覧(49件)

・トヨタのグローバル戦略
・大学生の雑談における話題選択 -親しさを軸に-
・「楽園」イメージの変遷 -バリに対するまなざしの通時的比較研究-
・途上国援助の功罪
・フィリピンにおけるストリートチルドレンの現状と課題 -子どもたちとのフィールド・ワークから-
・間接金融から直接金融へ
・A Study of Aboriginality : the Aboriginal flag in multicultural Australia
・Problems of Multiethnic Society in Malaysia: An Analysis of Protest Demonstrations
・現代アメリカに生きるムスリム -宗教意識の形成における教育の役割-
・災害における外国人支援
・特定秘密保護法の是非 -日米関係を中心として-
・デンマークにおける移民に対する言語教育
・音楽のジャンルと空間の成り立ち -名古屋のライブハウスとクラブハウスにおけるロック文化とヒップホップ文化の比較-
・道徳と正戦論
・異文化理解の機会が日本人住民に与える影響について
・インドネシア・バリ島の伝統と観光文化 -ケチャに焦点を当てて-
・ドイツ・アメリカの移民の子どもに対する言語教育政策と日本の現状
・日本語における外来語について
・カンボジアにおける農村開発の新しい潮流 -綿花栽培に着目して-
・日本社会における外国人労働者
・核不拡散条約の可能性と課題 -「核兵器のない世界」を目指して-
・言語景観に見る方言の戦略的活用 -名古屋市内におけるフィールド調査と聞き取り調査から見えたこと-
・国際法の視点から見たイラクへの武力行使 -正当性の問題と教訓を中心に
・ポピュリズム政治の国際比較
・外国につながる子どもへの母語教育の実態と子どもの意識
・開発援助と手工芸品ビジネス -バングラデシュの刺繍布を取り巻くNGOと企業-
・フィンランドにおける民族叙事詩『カレワラ』 -ナショナリズムの変遷に注目して-
パンダ外交とメディア
・日本における長期デフレの解明
・日本語母語話者同士の会話における聞き手の行動 -アドバイスと雑談の会話場面の分析-
・アメリカの公民権運動と同時期の音楽 ~間接的な行動・表現の時代~
・タイにおける一村一品運動の研究
・名前の文化人類学的研究 -「キラキラネーム」に表れる現代日本人の価値観
・民政化後のブラジル経済の成長
・歴史的側面と心理的側面からみる軍楽隊の発展
・日本における多文化音楽教育の在り方
・外国人患者のための医療支援 -医療通訳で言葉の壁を乗り越える-
・ギリシャ危機に見るユーロの構造的矛盾
・地域貿易協定による日本に対するメリット
・信州における外国人との出会いの場
・Nella Larsen の小説にみるマイノリティ女性の自己実現 -Quicksand を中心に
・現代のニュース報道における情報提供 -ニュースの種類とアナウンサー・キャスターの役割から-
・現代の「魔女狩り」問題解決に向けて -過去の事例との比較検証をもとに-
・日本に住む非日本語母語話者に対する情報提供 -愛知県の市町村へのアンケート調査をもとに-
・韓流に政治性はあるか
・インバウンドツーリズムによる地域活性の試み
・サブサハラ経済成長の背景
・スプラトリー諸島の領有権問題
・世界遺産登録地における観光振興のあり方 -小笠原諸島での現地調査をもとに-


出典:『愛知県立大学外国語学部年報: 2014年度』

ただタイトルを書くだけでは卒論というものがどういうものなのかわかりづらいかもしれません(>_<)
卒論の分量は大体本文だけで20000字以上!
A4用紙にすると大体30枚以上にもなります(~o~)
基本使う言語は何語でもOKだそうです!
基本的には日本語か英語だそうですが...

卒論と聞くと自分にとってはまだまだ先のことと考えがちだと思いますが、
今から自分が研究したいことについて、大まかにでも考えておくことが大切だなあと実感しました。

少しは卒論というものがどういうものなのか想像できましたか?
ぜひみなさん参考にしてみてください!
一般 | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
No title
I do not even know how I ended up here, but I thought this
post was great. I do not know who you are but certainly you're
going to a famous blogger if you are not already ;) Cheers!

管理者のみに表示